ガーベラのつぼみ

K二丁目

本の感想と、日常と。

弁理士とは何かを知るときの本

 私はとある製造会社に勤務しており、しかし事務屋のため、自分の会社の製品について深く知らない。もちろん、何を造っているだとか、何に使われているだとかは説明することができるが、技術的なものはほとんど知らない。営業ならまだしも、会社をサポートする仕事を担当しているため、説明の必要にかられることもなく、正直困ることはない。でも少し、せっかくの製造業なのだから、それには寂しく感じることもある。「事務仕事だから仕事ないな」と割り切ってはいるものの、ある部署はそれに近い業務もあり、申し出るほどではないものの、異動できればと思うこともある。具体的には特許に関係する部署だ。この部署での仕事の内、もし外注するとなると、弁理士という職業の方に相談するらしい。

弁理士とは一体どういう職業だろうか。

弁理士は、優れた技術的思想の創作(発明)、斬新なデザイン(意匠)、商品やサービスのマーク(商標)に化体された業務上の信用等を特許権意匠権、商標権等の形で権利化をするための特許庁への出願手続代理や、それらの権利を取消又は無効とするための審判請求手続・異議申立て手続の代理業務を行うものである。また、弁理士は、近年の知的財産権に関するニーズの多様化に伴い、ライセンス契約の交渉、仲裁手続の代理、外国出願関連業務等を含む知的財産分野全般に渡るサービスを提供するなどの幅広い活躍が期待されている。

wikipedia

だそうである。

弁理士の仕事

 しかし、あまりイメージできない。興味を持てば最近すぐに本を探す。また面白い本に出会ってしまった。「『男前マスク』と『王女のマスク』: 留目弁理士 奮闘記!」という本だ。なかなかタイトルの意味がわからなかったが、読んでみるとなるほど、どうやらとある弁理士とマスク製造会社とのストーリーで、そこにこの男前マスクと王女のマスクが登場するようだ。もちろん、マスクをつけると王女になったりするわけではない。男前には、なるかもしれない。登場人物それぞれの背景から始まり、身近に感じられるキャラクターが性があり、展開も面白く、内容も突飛でありえなさそうなものではない。今もどこかで起きていそうだと、そう思えるようなストーリーだ。弁理士という仕事が把握でき、かつ面白くやりがいのありそうな職業に見える。一方で書類、明細の作成、各種手続き等、現実的な細々した仕事にも触れているが、これも面白そうだと思えるのも、私が社会人になったから感じることなのだろうか。

弁理士のイメージ

 基本的に特許や商標登録はなぜ行うかというと、大事な発明や発見を他の模倣から護る為だ。自社で開発した技術を、簡単に他社に真似されては苦労が報われない。そうした社会では研究が消極的になり、革新も発展もなくなってしまう。弁理士と弁護士は字面が似ているが、護ることを生業としていることを考えると、その点も似ている気がする。

医者になりたい人がなる前に読む本

 医者というのは昔から、そこに至るまでの困難な関門や高い収入、また生命を扱う崇高的でやりがいのある仕事から、社会的地位の高い職業であるということは一般認識として間違っていないだろう。私自身もそう思っているし、実際に風邪やインフルエンザで普段お世話になる医者の方々はもちろん、自分が難病にかかった時のことを考えると、医学会に関係のある新薬等の研究者の方々に感謝しないわけはない。まだ医者を志す身の医学部生にさえ、是非頑張ってほしいと応援したくなる。一方で、その職業の責任の重さと大変な労働はこれまた一般的に高いものを要求されると思う。思うというのは、もちろん、私は医学界や医療の現場というのが身近にあるわけではないからだ。ドラマや漫画で、特に漫画では「ブラックジャックによろしく」で医療現場の厳しさを教えてもらったが、逆に言えば、それくらいしか知らない。

 それもなんだか少し寂しい気がしたので、改めて医者がどういう職業なのかを知っておきたく、一冊の本を読んでみた。すばり、「医者とはどういう職業か」という本が、割と最近、2016年9月に出版されていた。

 著者は里見清一(著者名)という日本の内科医だ。2009年から今に至るまで8冊の本を出版している。20代前半くらいになるともう知らないだろうか、あのTVドラマ「白い巨塔」のアドバイザーを務めていたのである。

 本書の内容はというと、かなり率直に、表現としてはシニカルな文体で医者や医学界の、一般に明るみに出ない内情が書かれている。大学入試試験の見直しや、人工知能など、最近の動向にも触れていながら、十数年も前の自身の経験に基づいた医療現場の姿を教えてくれる。もちろんそれについては、今では様相が異なることは前置きがある。

 前半は受験や医学部での勉強が医者の仕事に役に立つのかであったり、医者として必要な能力を謳っている。また、講義に臨む姿勢に、多少憤慨されていた。もちろん、医学部生に限った話ではないと筆者も認識してはいるらしく、漏れなく学生時代は私も似たようなものだったので、読んでいて耳が痛いというか、目が痛いというか。一方で、筆者曰く、看護学生は「天使」なのだそうで、我々一般人が思い浮かべるコスプレ的イメージからではなく、仕事に対する純粋な姿勢が、医学部生と比較してより強く感じられるのだそうだ。看護学生を天使と呼ぶのは、本書中何度も散見されたのだから、真にそう思われているのだろう。私は看護師の友人が数人いるが、彼女らにこの話をすると、笑われるような気がしてならない。

本書の最後では医者が本来どうあるべきなのかを語っており、加えて、これからは医者に求められる能力が変わる、もしくは医者に代わる者がでてくるかもしれない。筆者はこう注意されている。

もし読者がそういう中学生もしくは高校生で(私の毒のある文章は18禁かもしれないが)、医学部を目指すのであれば、君たちがめでたく医者になる頃には、伝統的な「お医者さん」もしくは「医師」のイメージは跡形もなく消え去っている可能性を想定しておくべきだろう

 筆者本人が認めるほど、都度、毒のある表現が入るが、これはこれで面白味のあるものと感じられる。ただ合理的な面も合わせてドライな印象も感じるが、一方で医者としての熱い思いや、趣味の落語も交えた意見には温かい人間味も感じられる。私が入院することになれば、里見先生のような考え方の医師に罹ってみたいと思うのは、私の見識が浅すぎるからなのだろうか。

筋トレを始める前に読む本

 ダイエットや魅力的な身体づくりのために筋トレを始めようと「思う」人や、「今年は絶対痩せる」等を口に出す人は多いと思う。私も漏れなくその一人で、むしろ痩せ形のため貧相な身体をどうにかしたいと思い筋トレをしている。だがそこまでストイックではなく、やっていることは腕立て伏せや腹筋、5kgのダンベルを使う程度だ。ジムこそたまにしか行かない。効率性とは無縁だが、なんとか続けられてはいた。

 そんな中、なんとなくだが筋トレについて少し調べてみると、自宅でできる効率的な筋トレ方法や、適切な栄養のための食事、おすすめのプロテインなどが紹介されている。筋トレをするための情報は、十分すぎるほど、そして無料で手に入る世の中だ。しかし重要なのは、全員がわかっている通り、続けることだろう。いかにモチベーションを保つかが難しく、大抵は一念発起しても、途中で断念してしまう。

 その重要さを啓発的に、かつユーモアのかかった文章で訴えている本に出会う。「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」という本である。著者は「Testosterone」と名乗る者で、同名のtwitterアカウントは筋トレについて熱い思いをツイートしている。フォロワーは現時点で10万8000人以上おり、どうやらこのツイートが話題になり、本の出版にも至ったようである。ただ、この本の内容は終始「筋トレの良さ」を語っているものであり、実践的な筋トレ方法だとかは著者が代表を務める「DIET GENIUS」というWEBサイトで学ぶことができるようだ。

 筋トレを始める前は、こういった「向き合うための心構え」なるモノで心を落ち着けるべきなのかもしれない。本書では、筋トレは努力すれば必ず報われるものだと言っており、逆に続けなければ効果はないと改めて現実に向き合う言葉を投げかけていて、最終的に得られるものは痩せるだとか筋肉がつくだとか、それ以外の魅力も語っていた。この本を一読し、さらにtwitterアカウントで定期的に流れるツイートを日常的に目にすれば、飽き性の人も何とか続けることができるかもしれない。

 一方で、この本を読み終わった際に、amazonが「この本を買った人はこんな商品も買っています」と関連する本を教えてくれた。筋肉隆々の写真が表紙の本が並ぶ中、一冊の本がビジュアル的にかなり目立っていた。「ダンベル何キロ持てる?」という漫画だが、筋トレという言葉とは縁遠そうなかわいらしい女の子の絵が表紙になっている。評価が高く、レビューではどうやら内容は絵とは逆でかなり濃いものらしい。なるほど、読んでみると確かに、所謂ガチムチの爽やかジムトレーナーが専門的な言葉で説明していて、小難しい場面もちらほらある。

 こうして筋トレについて本や漫画を読んだり、サイトを見たりしていると、なんだか無性に鍛えたくなるものだ。とりあえずダンベルのおもりを、一つ増やしてみることにした。

デザイナーが仕事中に考えていること

 普段仕事をしていて一段落ついたとき、ふと周りを客観することがある。見渡すと打ち合わせをしている者、電話をしている者、データ入力をしている者、資料作成をしている者、文献を漁っている者と様々で、漏れなく自分自身もこれらのことをやっている者の一人だ。タスク的な単純作業の時は特に何も考えていないのだが、何か企画するような業務だとあれやこれやと必死で頭を悩ます。資料一つとっても、なぜこの表現を使うのか、なぜこのグラフを用いるのか、など、いまだに立ち止まることもしばしばだ。一方で、出来る上司や先輩の理路整然としたわかりやすいアウトプットを見てみると、技術的なものもそうだが、一体どう考えながらそれを作成したのだろうかという、取り組む際の心の中がかなり気になるのだ。もっといえば、一旦日常にあるモノに目を配ると、所謂クリエイター、ミュージシャンやデザイナーなどの人たちは、ただ才能にまかせてその音楽や書籍、動画という作品を世に送り出しているのだろうか。そこに何か、一般的にも参考になる考え方などは無いのだろうか。

 そんなことを考えている折、デザインという仕事を丁寧に教えてくれる本に出会った。「なるほどデザイン」という本だ。これは本書の「はじめに」にある通り、新人デザイナーでも、デザインに全く縁のない者も、読めば「デザイン」することをどう捉え、考えて完成させてくのかが、まるで親戚のお姉さんかのように優しく説明してある。心理的姿勢から、色合いや文字の大きさ等の一つ一つの理屈まで、本当にすべてが書かれているのだ。

 内容はもちろんデザインについてのものだが、学べることはすべての仕事に必要な要素だと思う。なるほど、デザイナーの人が生み出した作品だ、鮮やかで読みやすく、全く飽きさせずに、改めて基本的な仕事に対する姿勢に気付かされてしまった。

 また、心構えだけではなく、テクニカルなものも得ることができる。直接的には、資料作成にあたって重要な、グラフの使い方だ。どのグラフを用いたほうが良いのか、なぜそのグラフを用いるのか、どう表現するのか、効果的な見せ方はどうすればよいのか。基本私は「グラフは伝えたいことだけ伝わればよい」と考えていたため、デザインについてはほとんど手を加えず、Excel覚えたての人がつくるものと見た目の差はなかった。しかし、もちろん過剰な手を費やす必要はないが、キレイで整ったいグラフというのは、伝わる度合や納得感に感覚的違いがでるだろうことは、作中の例を見てみても明らかだった。

 この本を読む前と読んだ後では、雑誌でも、広告でも、WEBサイトでも、書籍でも、説明書でも、メールでも、仕事の資料でも、稟議書でも、見方がまるで変わっている自分に気付く。

落ち込んだ気分を自然に前向きにさせてくれる本

 特に何かあったわけでもないのに、気分が沈んでいることに気付くことがある。これはとてもやっかいで、何もないのだから打ち手をほどこせるわけでもなく、かといってどうにか解決しないといけない程でもないため、何もしないことが殆どだ。こういうときは、大概友人に会ったり、買い物にでかけたり、映画やTVを観たりすると、いつの間にか忘れていたりする。しかし、その得も知れないブルーな気持ちは、さながら当然のようにまたやってくる。これに抵抗しようと、あえてそれらしい、幸せになれる本だとか、自己啓発的な本だとかに手を伸ばすと、気持ちを一時的に飛躍させ、所謂リバウンドのような現象が起きてしまう。この慢性的な病を取り除くには、ゆるやかに、自然な気持ちの変化を起こす必要がある。それはいつも、ふと出会うものだ。

 私は最近本を読みだし、そのおかげか、それを知ることとなった。ロバート・A・ハインラインの「夏への扉」という小説だ。

 この本はSF小説に分類され、SF小説といえば必ず名前が出てくるほど有名なもので、私自身「SF小説 おすすめ」とgoogleに聞いて教えてもらったのである。つまりは、本を読む前には、近未来的な、少年心を刺激してくるだろう、という期待を持って読書に臨んだのだった。

 この期待が全く裏切られたわけではない。作中では、こうした近未来的な技術、SFという言葉を聞いて思いつくセオリー通りな展開はもちろん必須のものだった。しかし、SFながらも、読み終わった後はすがすがしく、かつ日常的な感覚からは逸脱しすぎない、さわやかな気分にさせてくれていた。冬にも関わらず爽やかな、そして夜にも関わらず朝日が部屋の中を照らしてくれるような感覚だ。

 読後に、一つ確認しておきたい知識があった。かの有名なレオナルド・ダヴィンチについてだ。作中では特に重要な要素になるわけではないが、だからこそ改めて知りたい好奇心が湧き出る。レオナルド・ダヴィンチ(1452-1519)はイタリアの芸術家であるが、音楽や建築、天文学、地理学など様々な分野で高い業績をあげた多才な人物だ。芸術家としての作品は「モナ・リザ」、「最後の晩餐」など知らない者はいない程の作品を残している。ダヴィンチの科学に対する研究は基本的に観察によるものだとされており、残したものは詳細な記述と画像化を繰り返したものだった。実験や理論は重視していなかったようだ。それはもしかしたら、未来人が故に答えをすでに知っていて、彼の中では証明する必要はなかったのかもしれない。

人工知能とは何かを知りたくなったから

 年始に見たニュース、圧倒的な強さを持ったAlphaGoの再来から、少し人工知能に興味を持った。人工知能について適当にインターネットで検索するも、地頭が良くないのだろう、いまいちピンとこず、小難しく感じる文章をそれでもなんとか理解しようとしていたのだが、一方で書籍を探していると、読んでいて楽しく、ワクワクさせる本に出会うことができた。「人工知能は人間を超えるか」という名前だった。

 私のような技術的な知識がゼロの者でも、体系的に、歴史を追いながら、かつ専門的な要点を押さえた内容がつまっていた。著者は日本でも人工知能の第一人者である松尾豊氏で、学生時代から人工知能の研究を行ってきた者だ。本書の中で、人工知能にはブームと冬の時代が交互にあり、一区切りごとに説明がなされている。その時その時の著者の気持ちが垣間見えることが、こういった技術的な書籍でも途中で飽きさせず、ぬくもりを感じさせるものにさせているのかもしれない。すでに私たちの身の周りにはsiriやgoogle検索エンジン人工知能は使われているし、自動運転は今ホットな話題だ。今後医療や会計など様々なモノ、サービス、業界でますます人工知能という技術が使われていくのは明白で、技術的な話題やニュースの後ろには人工知能が関わっていることが増えてくるだろう。そんなときに、専門でなくとも、点ではなく線で理解した状態で俯瞰できるように、本書を読み終えたころにはなっているだろうと思う。

 本書を読むにあたっては予備知識がなくても十分に楽しめたのだが、自分が聞いたことのある言葉、文章が登場するとやはりそれはそれでより楽しくさせる。もともと私が人工知能に興味を抱かせるきっかけとなったAlphaGoの他にも、つながってくるものがあった。一つは、携帯ソーシャルゲームの大手で球団も持つディー・エヌ・エーの記事盗用・無断転載があったことだ。提供するサービスの一つ、医療キュレーションサービスWELQが、情報の信憑性や著作権の侵害を含めかねてより問題視されており、その声が無視できないほど増えてきたことで、昨年12月には関連するほかのキュレーションサービスも含め公開停止に至ってしまった。例えばWELQでは、肩こりや冷え性、などといったワードで検索するとトップに表示されていたが、今ではその姿を消している。これがどう人工知能と関わるのか、ということだが、その前になぜこういったキュレーションサービスが現れたのかというと、端的に儲かるからだ。今や何か知りたいことがあったら検索する(ググる)ことが普通の世の中となった。その際検索結果から人々が閲覧するサイトやブログなどのWEBページはほとんどが1ページ目の、そして上位表示されているページだ。収益の確保は、同ページにある広告から得ており、それはPV(ページビュー;閲覧数)に比例する。つまりは、上位表示されるようなWEBページ、記事を作成することが収益につながり、その方法の一つとしてテクニカルな対策を施すことが業界では当たり前である。この取り組みはSEO(Search Engine Optimization;検索エンジン最適化)と呼ばれている。

 日本も含め、世界でもほとんどがGoogle検索エンジンが使われており、Google検索エンジンでは人工知能が使われている。Googleの目的は、検索者が知りたい情報を速く、適切で、そして新鮮な状態で得られるような検索結果を表示することだが、その人工知能にも穴があり、仕組みを見破られ、結果的にGoogleの意図しないものを上位表示してしまっているのだった。

 こういった問題も、人工知能が今後ますます進化を遂げていけば、解決されるのかもしれない。本書「人工知能は人間を超えるか」では、爆発的進化をするかもしれない領域に、足を踏み入れていると説明している。人工知能の進化には倫理的側面からも消極的な意見があるが、私は「あり方」が変わることは悲観するものではないと思っているし、人工知能の進化とともに人間が進化していくことを妄想すると、口元が少し緩む。

フィンランド豊かさのメソッドで思う自身と子供への教育

 久しく読んでいなかった本だったが、久しぶりに夢をかなえるゾウという本を読み、まとまった文章を読むという時間つぶしの手段を得た私は、また次の本へ手を伸ばした。好きな種類というものが特になく、適当にインターネットで検索し、なんとなく興味をひかれた「フィンランド豊かさのメソッド」という本を選ぶ。この本もKindleで700円を超えない。財布への優しさが感じられる。

 「フィンランド豊かさのメソッド」は2008年6月に書かれたものであり、今から遡ること約9年になる。作者の堀内都喜子(ほりうちときこ)はフィンランドのユバスキュラ大学大学院に留学し、この本を書くまでの5年間のフィンランドでの暮らしで得た経験をフィンランドの文化を主体に事実的に表している。ユヴァスキュラ大学大学院を卒業後、フィンランドの会社でマーケティングコーディネーターとして8年間勤務し、現在は駐日フィンランド大使館の広報部で活動しているらしい。

 タイトルには「メソッド」とあるが、その言葉のイメージとは異なり、具体的な方法論や深い考察等が記載されているわけでないことは、レビューにあった通りであった。フィンランドという国の紹介に近く、本書の「はじめに」でも、「読み終わった頃にはフィンランド通になっていることでしょう」という一文がある。なるほど、さすがにそこまでではないにしても、一度も行ったことがないフィンランドの生活が具体的にイメージできたのは違いなかった。

 フィンランドはWEFによる国際競争力ランキングにおいて、2001年~2004年までは1位、2005年は2位、2006~2007年は6位となっており、その高いランキングの主な要因は、教育による評価が極めて高い、と報告書にあると著者は言っている。気になるのは現在だが、3、4年前には3位、4位であったものの、2016年には10位にまで順位を落としている。しかし教育部門では依然トップのランクが付けられており、その根本には本書であるようにフィンランドには他とは一線を画す教育環境がある。というのも、教師はフィンランドでは比較的高尚な職業で、教師になる為の試験も教師になる為の養成レベルも高水準であり、授業は多くても25人程と少数体制かつサポーターがついていたり、国としての教育に対する力の入れ具合が強い。また、勉強は大人になってからも続けるものだ、という意識も国民全体で根強いらしく、手厚い社会保障による環境もあってか、とにかく読書をよくしたり、働きながら自分の好きな授業で専門性を高めることも珍しくないという。

 極めて狭い話だが、少なくとも私の周りでは社会人になってから勉強を熱心にしているという話は聞かない。基本的には与えられた仕事をこなし、金曜日には飲みに行き、土日は寝てるか遊ぶことが多い。結婚するまでの間に遊んでおかなければ、という言葉を発する友人も多い。つまりは、終身雇用的考えが私の年代でもまだ強く、仕事ありきの生活で、余暇時間は言葉通り余暇として「のみ」使ってる者が殆どであり、墓に入るまでのレールをもう見据えているように受け取れる。一方で自己啓発、自己投資という言葉を発する者もいる。日本でありふれたこれらの言葉だが、セミナーだとかに行くよりかは、本書を読んだほうが幾分と自身にたいする教育の考え方に刺激を与えられるのではないかと感じた。

まさに私の年代はこれから結婚し、子供を育てていくことになる。フィンランドと日本とでは教育環境が大きく異なるが、将来自分の子供の教育を考える際には、フィンランドの教育観念が関わってくることは間違いなさそうだ。子供どころか、結婚、そもそも彼女すらいない私には、だいぶ先の話になるのであろうが…